忍者ブログ
プロフィール
mamirt
[過去]
1984~2000あたりでラボっ子
体育苦手な石神井高生50期
結構優秀なGENEVA HIGH98
東京の山奥のほうの法大生
足の遅いラクロッサーDF
3D思考不可web制作ゼミ生6期
CM制作会社のダンドリ下手なPM
サポートされてたサポート

[現在]

料理の苦手な妻
娘に弱いママ
お気軽事務職

[職人の母:さち裁縫室]
http://
sachicotsewing.
blog.shinobi.jp


[mamirtbaby]
http://
mamirtbaby.blog.shinobi.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
[11/21 さっちゃん]
[11/21 さっちゃん]
[11/21 さっちゃん]
[08/03 さっちゃん]
[04/28 mamirt]
フリーエリア






OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


この旅のハイライトのひとつ、Big Surへ。

ところで、サンフランシスコは霧の街だと聞くけれど、
SFに限らず朝はどこもかしこも霧ばかりで、
あちらこちらの景色を幻想的にしてたよ。

P1080535.JPG
<海はこんなに近いのに・・・>

IMGP0384.JPG
<霧のせいでこんな幻想的な景色に>

Big Sur。
ガイドブックには100m進むたびに
写真を撮りたくなる景色が広がるとか何とか書いてあったようだけど、
それは決してウソではなくて、
カーブを超えて目の前に新しい景色が広がるたびに、
車内二人で「おお!」とか「すげー!」とか大いに盛り上がってしまったサ。

霧が晴れたら晴れたで、快晴!

IMGP0419.JPG
<美しいコントラスト。大あくびのダンナ>

ランチはcarmel-by-the-seaで。
町は全体的にお金持ちそうで、クルマもきれいだった。
ココはほんとうにアメリカか?

通りすがったお店が混んでいて雰囲気も良かったので
そこに入ってみたんだけど、これがまた正解!

IMGP0454.JPG
Dametra cafe

さっそくワインとおいしいランチをいただきました。
その後のドライブは1時間ほど助手席で眠りこけてしまったw

その間にダンナが運転していたのは17 mile drive
麻美はゴルフよく知らないけど、pebble beachって有名なんだって?
来年のUSopenのようですね。

その夜はMontereyでMariposa inn and suites
かわいらしいホテルで、居心地良かったです。

IMGP0509.JPG
<通りからはちっちゃくみえたけど、実は大きかった>

IMGP0489.JPG
<目つき悪いダンナ。テレビ見てるんだな>
PR


より大きな地図で CA を表示

ロサンジェルスin、サンフランシスコout。
途中ヨセミテに寄り道した1500kmの旅行記のはじまりはじまりー。


てけてんてんてんてんてんてんてん・・・
乗ったことのない電車に乗ってみようと、
西日暮里まで行ってきた。

てくてく散歩。
三河島はコリアンタウンだと聞いて立ち寄るも
調査不足のため、どこがどうコリアンなんのか
イマイチぴんとこなかった。
新大久保のようなのを思い浮かべてきたのだけれど。

さらにてくてく、日暮里まで。
なんどか来た、繊維街を通っていく。
盆にもかかわらず、思った以上に開店してた。

さて、本日のお目当て、舎人ライナー
始発駅から終点まで行っても、せいぜい20分なんだね。
でもその電車20分の距離が陸の孤島だったんだから、
住民は大変だったろうなぁ。

西新井大師西駅まで。
さして目的はない。西新井大師を参拝。
おみくじまでひいてきた。夫婦ともども、中吉。

新しい電車、新しい線だから、
駅前に商店街があるわけでもなく、
そういう意味ではこのまえの京成立石のようなぶらぶらは叶わず
飽きてしまって、熊野前駅から都電荒川線に乗ってしまった。

都電荒川線も、ほとんどのったことない。
今回は、終点早稲田まで。
歩きつかれて爆睡だったけど、ずいぶん寝たな。
ずいぶん長いんだな。

まだ外は明るかったけど、えぞ菊で大量に食し、
満腹すぎて散歩は続行できず、副都心線でかえった。

歩いたことのない場所にいってみよう、と
京成立石駅を降りた。

夕方前だったので、買い物客がまだ少ない商店街をぶらぶら。
ザ・下町の商店街といった風情。
コバラを満たそうと2軒ほどのぞく。
鳥やさん「鳥房」はすでに行列が出来ていて、断念。
まだ16時だって言うのに・・・。
もう1軒、「宇ち多゛」は、すでに閉店がらがらー。
まだ16時だって言うのに・・・。

たこやきを買い食いし、汗だくで食す。

知らない東京があるね、と今度は青砥に向けて、てくてく。
駅は「青砥」なのに、住所は「青戸」なんだね。へんなの。

17時前に焼き鳥屋さん「鳥新」にはいる。
下町の、安いうまい焼き鳥屋さん。本でチェックした。
ちょっと一杯のツモリが、座敷に通され
腹9分目まで食べてしまった。ふたりで3600円なり。

てくてくを続ける。柴又を目指して。
はじめてお目見え、寅さん。

P1080439.JPG











寅さん映画ってマトモに見たことないけど、
寅さんの世界がそこにはあったよ。

帝釈天では夏祭り。
「東京音頭」がながれていた。

さて、もうひとがんばり。
金町駅までてくてく。
そして常磐線ー千代田線直通で帰宅した。


おばあちゃんちにいってきた。
ダンナの母方のおばあちゃん。
結婚式ぶりの再会、元気そうで何より。

4世帯が生活する、そのにぎやかさと言ったら。
なんだか、いいな、こういうの。

うらの畑でつくられる野菜たちはどれもおいしくて
お土産にたんまりといただいてきた。

縁側から見えるハズの壮大な中央アルプスは
台風のセイで雲隠れ。
「晴れていたらこんな風に見えるのよ」と見せてもらった写真は
なにやら写真集の1ページかのような、美しい山脈の姿だった。
これを見れなかったのは悔やまれる。

お義母さんが生まれ育ったのはこういうところだったんだね。
ほっこりした気分になれた旅行でした。


お友達を訪ねて、大阪まで行ってまいりました。
高速1000円の恩恵を受け、車で。

通りなれない東名はなにやらトラックが多くて
助手席に座ってるだけなのに、ちょっぴりストレス。
それでもドライバーのダンナに頑張っていただいて
同乗の友人実家に午前3時過ぎに到着。

早速ビールでもてなしを受け、布団に入ったのは夜が白んできた頃か。

昼から大阪練り歩き。
友人と合流し、んでもって、食い倒れた。

電車に乗る前からタコヤキを堪能。
鶴橋で昼間っから焼肉にビールをくらい、
鶴橋バーガーを一口いただく。
難波をあるき、道頓堀をわたり、グリコの前で写真を撮る。
さらにタコヤキをくらい、暑さにやられる。
夜は新世界で串カツの食べすぎで正露丸とお友達。
通天閣で夜景とビリケンさん拝み、
ちょっぴり飲み足して、かえった。

なにせ9人の大所帯。
ぞろぞろうだうだ、歩くだけでも楽しかった。

そして2日目は京都はんなりツアー。
修学旅行でも行った三十三間堂を見学し、
六波羅蜜寺で清盛さんに会って、
途中は甘味で舌鼓。

清水寺も参ったところで、雨に出くわした。
ここからは雨と共に思い出。

猛スピードの鴨川。
雨でぐずぐずな靴の中。
モノを買わない雨宿りのコンビニ客。
しっとり夕飯。@ きろく
がっつりラーメン。
壊れてカラオケ。
そして終電で友人宅へ。

午前8時半くらいには吹田から高速に乗り、
浜名湖でうなぎのために途中下車して、
帰宅したのは・・・17じくらいだっけ?

あそびたおしたな。
んで、あきらかに食べ過ぎの旅。
胃のキャパも、クレジットカードみたいに
申請すれば一時上限アップとか
そんなシステムになってくれればいいのに。

異常な量の洗濯物。
数日大変だ・・・。

 2007年GW、2008年GWにつづき、
今年も行ってきました、沖縄。

有休をとって5月1日に出発。
昼前の飛行機にのり、那覇を経由して石垣島へ。
到着したのは既に夕方で、7人でレンタカーに乗り込み
宿へ向かった。

この度の宿はハイパーホテル石垣島
コンパクトでビジネスホテル的な部屋だけど、
お値段は4000円/1人きっちゃうんだから破格。
中心地からも程よく近いし、よいホテルでした。

石垣島は、去年言った宮古島よりもなにやら都会に感じた。
もちろん、数十分も走れば熱帯な緑もっさりの景色が
広がるんだけどさ。

夕食は「あだん亭」へ。
沖縄料理がたんまり食べれる店。
どれもこれもおいしかったけど、石垣牛のにぎりがよかったね。

ほろよいで歩いてかえり、就寝。
歩くにはちょっと遠かったかもね。