忍者ブログ
プロフィール
mamirt
[過去]
1984~2000あたりでラボっ子
体育苦手な石神井高生50期
結構優秀なGENEVA HIGH98
東京の山奥のほうの法大生
足の遅いラクロッサーDF
3D思考不可web制作ゼミ生6期
CM制作会社のダンドリ下手なPM
サポートされてたサポート

[現在]

料理の苦手な妻
娘に弱いママ
お気軽事務職

[職人の母:さち裁縫室]
http://
sachicotsewing.
blog.shinobi.jp


[mamirtbaby]
http://
mamirtbaby.blog.shinobi.jp/
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
[11/21 さっちゃん]
[11/21 さっちゃん]
[11/21 さっちゃん]
[08/03 さっちゃん]
[04/28 mamirt]
フリーエリア






OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


朝から気分が悪い。

乗っていたバスが途中の停留所を20mほど通過した。
下車する客がいたのでその過ぎたところで停車。
運転手は「すみません、申し訳ありません」と謝り
若い男性客は黙ってイヤホンを耳に戻しながら下車した。

降りるか降りないかの瞬間
「なんで通過するんだよッ!」と中年男性が走ってきた。
「ここ、どこだよ!」と運転手に向ってどなっていた。

「すみません」と運転手。
しばらく中年男性のにらみをきかした空気。
ようやく発車した。

「降りる人がいなかったら通過してたのかよ。
 バス停で待っていたんだぞ。」と中年男性。
運転手の返答は聞こえなかった。
「赤信号だから聞いてるんだよ」

小さなバスなので会話は隅々まで聞きわたる。
私は中年男性が視界に入るような場所にはいなかったが
何か動く気配がしたので振り向くと
バス前方に掲げてある乗務員のネームプレートを
ケータイで撮り、つづいて運転手の横顔も撮っていた。

「会社に電話してやるからな」
その後も昇降口の運転手に一番近いところに陣取ったまま。

他にも何か言っていた気がしたが、
アタシは外の景色を眺めて意識的に耳をふさいだ。

アタシは終点で降りたが、彼はそのひとつ前で降りた。
「電話するからな」と捨て台詞を残し。

運転手に過失がある。明らかに。
中年男性の言う通り、下車する客がいなかったら通過していただろう。
中年男性のほうが正しいのだが・・・

怒りをあらわにし、最後まで文句を言い、
小さなバスの車内の空気をかき乱した中年男性のほうが、
アタシ=居合わせた乗客にとって悪者に感じる。

中年男性の主張は間違ってないのだから
彼は怒りに任せるのではなく、他の言い方をすればよかったのに。
非難の色を帯びた言葉はあまり耳に入ってこないものだよ。
車内の空気までどんよりさせちゃって。

あーあ。
三連休を前に「今日行けば休みだぁ」と
おっとり乗車してるアタシの平穏な気分を返してほしい。
PR

COMMENTS
COMMENT FORM
TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT
TRACKBACKS
TRACKBACK URL